2018.8.27

簡単にできちゃう自分の愛車メンテナス、今回は点火プラグ交換!!

点火プラグって普段気になんかして乗ってませんよねいませんよね。でも実は結構重要な消耗パーツなのでたまに気にかけてやってくださいね。燃費が悪くなったり、エンジンがかかりづらくなったり、出力低下などの原因なので。。

だいたいどの車もこんな感じでプラグがついてます。

だいたいどの車もこんな感じでプラグがついてます。
プラグですが、ちゃんとその車に合った物を購入してください、値段もブランドもいくつか種類がありますので。。。今回は値段もお手頃なNGKプラグを使いました。 取り換え時期は、一般的に15,000㎞~20,000㎞ですが定期的な点検をお勧めします。

プラグのコネクターを外します。

プラグのコネクターを外します。
この車の場合は、こんな感じでボルトで固定されていたので、それを外して、配線コネクターを外し、プラグコネクター部分を引き抜きます、これで中をのぞくとプラグが見えます。

これがプラグのコネクターです。

これがプラグのコネクターです。
なくさないように。(笑)

今回使ったプラグを外す道具

今回使ったプラグを外す道具
今回は、ちょっと硬かったので普通のサイズのレンチじゃなくてトルクレンチと言ってデカいやつ、そして、プラグ外し用のソケット(プラグがソケットにくっ付いてくるように中にゴムが入っています)を使いました。

これが取り出したプラグです。新品との違いを見比べてみます。

これが取り出したプラグです。新品との違いを見比べてみます。
右が古い方で左が新品、こんなにも電極部分が減っちゃってましたし、汚れてました。

新しいプラグをしっかり取り付けて完了です。

新しいプラグをしっかり取り付けて完了です。
後は、プラグを取り付け、コネクター達を元通りに取り付ければ終了です。可愛い自分の愛車のメンテナスぜひお試しください!
7 件

関連する記事