2018.8.27

洗面台をおしゃれに改装

自然を感じられる洗面所を作りたいなと思い作っちゃいました。

先ずは素材選び!

先ずは素材選び!
今回は木の素材にこだわってみました。先ずは材木谷さんに行って一時間かけて探しました。とにかく木目がはっきりしてたり割れてたり古い感じの木を使いたくて選びました。

出来上がってきた特注板にニスを塗ります!

出来上がってきた特注板にニスを塗ります!
特注で切って繋ぎ合わせた板にニスを塗ります! ニスは好みの色を自分で調合して作ります。自分はクリアーのマットをえらびました。とにかく自然感を出したかったのでテカリをなるべくおさえました。このニス塗は防水効果もありますのでしっかり何度も塗ってくださいね! そうそう、ニスを塗る前にシンクと蛇口用の穴をあけておいてくださいね、穴のサイズはそれぞれ勝った時に説明書に書いてあります。 穴をあけるドリルもあらかじめ用意してくださいね!

あらかじめ買っておいた蛇口とシンクを設置します。

あらかじめ買っておいた蛇口とシンクを設置します。
シンクには排水溝が付いていないのでそれも自分の好きな色タイプを選んで買いましょう。蛇口も自分の自分のお好きな形、色を選んでください、結構選ぶのは楽しいです。この時肝心なのが木の厚みです。厚すぎると蛇口や排水溝がのスクリュー部分の長さが足りなくて設置できなくなるので気を付けてください!

いよいよ洗面台の取り付けです。

いよいよ洗面台の取り付けです。
用意するのはタイル用とコンクリート用のドリルです。ドリルはハンマドリルに切り替えて使ってください、それと穴をあけてる時に水を掛けながらやるとすんなり穴が開きますと同時にドリルが痛みずらいです。

水平器を使って穴をあけ場所を決めます。

水平器を使って穴をあけ場所を決めます。
これを正確にやらないと傾いた台になってしまうのでしっかりとやってくださいね!

穴の幅はあらかじめ買っておいた棚受け(補強金具)の穴に合わせてください。

穴の幅はあらかじめ買っておいた棚受け(補強金具)の穴に合わせてください。
こんな感じで開けてください。

棚受けをしっかりと付けます。

棚受けをしっかりと付けます。
これが緩んでいたり完璧に付いていないと後々面倒なことになるので、確実に設置して下さい!この棚受けも色々と形や色がりますので自分のお好きな物を選んでください。

今回使ったコンクリート用アンカーです8㎜をつかいました。

今回使ったコンクリート用アンカーです8㎜をつかいました。
これ一本で300㎏まで耐えられると言う事で十分だと思います。ただこのアンカーが大丈夫でもコンクリートが崩れたら終わりだけどね。(笑)

台を固定して排水管の取り付けです。

台を固定して排水管の取り付けです。
もともとあった配管を利用しているので別途でパーツを買わないと付けられませんでした。配水管の位置もずれているので、パズル感覚でいろんな形のパイプをつなぎ合わせて組み立てました。それと水漏れがない事を必ず確認してくださいね! 今回配管を隠さずさらけ出すタイプにしたので、綺麗に設置することを心掛けました。見せる用で高額なU字溝もありますが、自分の場合このパイプをメッキ塗装して仕上げました。
11 件

関連する記事