2018.8.27

誰にでも超簡単に作れるシンプルエプロンの作り方

横着者の私でも簡単に作れるエプロンです。 今回は見づらくてごめんなさい、無地の真っ黒コットン生地を使います。 新聞紙で型紙を作り生地にチャコペンでラインを引く。 (60x35くらい)

ラインを引いた周りに縫い代分の長さを加えて(1ー2cm) 生地をカットする。 今回はちょっと一手間加えてドラえもんポケットを付けちゃいます。 適当な大きさにカット。(縫い代部分も忘れずに)

エプロン作り始め前にちょっと余談ですが、無地の生地の裏表の見分け方わかりますか? 柄があるとわかりやすいですが、無地だとわかりづらいですよね。 生地を縦において斜めラインが見えたら表。

横のラインが粗めに見えたら裏。 わかりづらいけど間違わないように気をつけてくださいね〜。

さて、本題のエプロン作りに戻ります。 最初にカットしておいた生地の縫い代部分を3つ折りししっかりアイロンがけしておきます。 ここでしっかりアイロンがけしておくと後の作業が楽になります。

紐を用意します。 今回いい紐があったのでこんな紐を使って見ます。 生地を使う場合、適当な長さ(60cm-x6cm)の生地を3つ折しミシンで一周縫っておく。 同じものを2本用意しておく。

用意しておいた紐をウエスト部分の両脇にセットしマチ針で止めておく。 エプロンを裏側にし左側からぐるっと4辺をミシンで縫う。 紐部分は2度縫い3度縫いしておきましょう。

ポケットの縫い代部分を3つ折りしてアイロンがけしてあると思います。 ポケットの上に当たる一辺を縫っておきます。

エプロンの真ん中にドラえもんポケットをマチ針でセットしておきます。
13 件

関連する記事